生きづらさを愛おしさへ~カウンセラー春香のブログ~

いつも誰かを優先してきたあなたが、自分の幸せや自分らしさを大切にできますように

父との対面①

◇父との対面

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

私についてはこちらをどうぞ。

 

花粉症シーズンですね。

ティッシュが凄い勢いで消費されて

いってます(^-^;

 

 

今回は、父との対面の話です。

父が亡くなった日の様子はこちらをどうぞ。

 

 

 

寝たのか寝てないのか分からないまま、

朝になり、いつものように家事を

しながら、実家に帰る準備をしました。

 

 

兄から、朝一番に帰るようなことは

しなくていいと言われていたのと、

頭と心と体がチグハグな感じで

思うように準備が進みません。

この感覚は母の時と同じ。

 

 

私だけ一足先に帰ることにしたので、

後は夫に頼み、「じゃーね。」と

自宅を後にして、車のガソリンを

満タンにして、高速に乗る。

 

 

高速道を走り出してすぐ、

「泣いてもいいよ」

「矛盾だらけでいいよ」

「支離滅裂でいいよ」と、

自分に言ってあげました。

言い終わるまでに大粒の涙がボロボロ

こぼれます。

憎んでいても涙はどんどん流れます。

 

 

2年前母が亡くなった時もそうだったなと

思いながら、片道3時間ちょっとの間、

泣いたり泣かなかったりを繰り返しながら

母の時とは何か違うなと思いながらも

無事に地元に着き、斎場に居る父と兄の

もとに向かいました。

 

f:id:surrender33:20210301134842j:plain

 

斎場に着くと、兄と親戚が居て、

 

「お父さん、穏やかな顔しとるで。」

 

そう親戚に言われて、

ちょっとホッとしたんですよね。

死因が溺死だったので、どんな顔に

なってるんだろうと思っていたので。

 

 

棺桶に入っている父は、穏やかな表情で

安らかに眠っているようでした。

正直、なんとも複雑な気持ち。

 

 

親戚が帰っていき、兄との時間。 

葬儀の段取りに父の友人が同席してくれ

たと報告を受け、兄が1人じゃなかった

ことが有難いなと思いました。

そして、心臓にも脳にも原因らしい

原因が見つからなかったこと。

 

 

兄から話を聞いている最中にも、

父の死を聞きつけた人が駆けつけて

くれます。

 

 

父には友人・仲間が多いので、父の同級生や

長い付き合いの友人方は私からしたら、

みんな「おっちゃん」です^^

やたら「おっちゃん」が出てきますが、

ほぼ全て別々の「おっちゃん」です。

 

 

ポツリポツリと父に会いに来てくれる人が

現れ、少しの時間お話をする。

 

 

そんな時、あるおっちゃんが兄の名を

怒鳴りつけるように呼びながら入ってきて、

肩をいからせ、父のもとに近づいて

無言で棺桶の中の父を見つめていました。

 

悲しみを怒りで閉じ込める…。

まさにそんな様子。

 

そのおっちゃんはそのまま帰ろうと

したので、声をかけました。

 

 

「おっちゃん^^」

 

 

おっちゃんは私と目が合うと、

俯いて泣き出しました。

 

 

悲しい悲しい。

寂しい寂しい。

 

 

私は無言で両手を広げておっちゃんに近づくと、

おっちゃんも泣きながら両手を広げてくれたので

抱き合いました。

 

 

あっ!コロナだわ!

そう気づいて離れてから、おっちゃんは

「お前らも寂しくなるなあ。」

と、涙声で言ってくれましたが、

私はこの時、その言葉の意味がまだよく

分かっていませんでした。

 

 

兄が連絡先が分からないというおっちゃんに

私が電話してみると、

「あれ~?久しぶりやね、どうしたん?」

と、陽気な声が聞こえてくる。

 

これは困った…言いづらいな…

でも言わなきゃな…

 

「お久ぶりです。驚かせて申し訳ないん

ですけど、父が亡くなりました。」

 

「は~?父って誰よ?^^」

 

「私の父は1人しか居ないでしょう?」

 

「またまた~(笑)」

 

「父が昨日亡くなったんです、本当に。」

 

ここでようやく、このおっちゃんは

理解し始めたようで、どうして亡くなった

のか、通夜・葬儀はいつなのかを

私に聞き始めました。

 

「今日は夜の予約が入ってるから行けない」

と、おっちゃんは言いながら、2時間後にも

電話してきて、私たち兄妹を気遣いながら

行けないことを詫びていました。

 

そして、3回目の電話です(笑)

可愛い男性なんです、このおっちゃん。

 

 

「来たいんでしょう?^^

 何時でも大丈夫ですよ、

 私が居るから。」

 

そう伝えると、

 

「分かった!行く!」と

二つ返事で決まりました。

 

夜にこのおっちゃんは来てくれて、

無言で父を見つめたあと、

私たち兄妹を見ながら

「あああああ!」と悔しさと悲しさを

表現しながら帰っていきました。

 

 

父の同級生たちも来てくれてたので、 

父との忘れられないエピソードが

あれば、時間があるときにでも

教えて欲しいとお願いをしました。

 

 

父が亡くなった時には…と、

私のしておきたいことは以前から決めていた

のですが、結果的に全て叶えられたなと

思っています。

 

 

続きは、下記の記事です。

↓ ↓ ↓ ↓

父との対面② - 生きづらさを愛おしさへ