いつも誰かを優先してきたあなたが、自分のことを知り、自分らしく生きられるようサポートするカウンセラー春香のブログ

その人は居なくても,時を経ても受け取れる

◇その人は居なくても,

   時を経ても受け取れる

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 私についてはこちらをどうぞ。

 

 

ここ数日黄砂が飛び回っていますが

皆さん、お変わりないでしょうか。

私は目の痒みとくしゃみに頭痛・倦怠感と

毎年同じような症状が出ます。

マスク必須ですね。

 

 

今日は、2年半越しに私が母から受け取った

ことを書いてみようと思います。

 

 

母が亡くなった時や生前もそうなんですが、

母が父と一緒に居ることを選んだことに

ついて、

「あんたたちを守るため」と、

何人かの人に言われたことがあります。

 

 

そう言われても、私は聞いてるふりしつつ

「そんなの頼んでない。」

と、思っていました。

 

 

私はただ、母に幸せで居てほしかった。

なのに一緒に居て幸せにはなれないような

相手(父)と一緒に居続けることが長い間

理解出来ませんでした。

 

 

理解できないからこそ、

母のことを可哀想と思ったり、

男を見る目のないバカな女と蔑んだり、

別れたいと泣きつつも変わろうとしない母

に呆れたり、病気や私たち子供を言い訳に

する母に怒りや悔しさが湧いたり、

じゃあ私が母の人生のリセットボタンを

押してあげるわ!と息巻いてみたり、

私が守る!と親や店を背負ってみたり。

 

 

母が亡くなって月日が経過していく中で

母に対する悔しさが消えないのはなぜ?

 

まだ母をコントロールしたい?

まだ母に自分の願う幸せを押しつけたい?

母は母の人生を生きただけよ?

母の幸せは母にしか分からないよ?

母に甘えさせてあげられたことを

ちゃんと認めてる?

 

 

色んな投げかけを自分にしていましたが

スッキリしない…。

 

それは、私から見た母の魅力を、母に

伝えていなかったからだと気づきました。

伝えられなかった悔しさと、自分の頑張りを

受取れなかったことで、母に対して心から

感謝ができない自分へのわだかまりもあったと

思います。

(感謝できない自分を責めないで下さいね) 

f:id:surrender33:20210330134646j:plain

 

父が亡くなってからしばらくの間、

私は体を動かしたくてウォーキングを

していた時のこと。

 

雲間から光が射す様子を見ながら

父も天国に行ったかな?と目をつむると

父を誘導する母の姿が見えたんです。

 

 

ん⁉

 

 

もう一度目をつむってみても、

やっぱり父の先には母が居る。

1週間、ウォーキングの最中に

雲間から光が射す様子を見ながら目をつむり

母が父を誘導しながら光の向こうへ進んで

いく姿を見ました。

 

 

私の願望かもしれない。

私のただのイメージかもしれない。

 

 

それでも、ふと気づいたことが

あったんです。

 

 

ああ、そうか。

母は父を守りたかったのかもしれない。

 

母は父から私と兄を守りたかったのかも

しれない。

 

母は『家族』を守りたかったのかも

しれない。

母は『自分の家族』を守りたかったのかも

しれない。

 

事実かどうかは母に確認することは

出来ませんが、私の中で納得できたので

私にとっての真実だと思います。

 

そこからは、母に対して

『守ってくれてありがとう』

と、素直に感謝していて、悔しさもない

ので私のココロは穏やかです^^

 

 

親子、夫婦、恋人、友人…。

本当に伝えたいことって、

「大好き」「大切に思ってる」

とてもシンプルだと思うんです。

 

〇〇と思われたら…

〇〇と思われたくない…

○○してくれないし…

○○してあげたのに…

○○するべきでしょう…

 

不満が溜まっていたり我慢してると

本音が隠れてしまいますよね(^-^;

本音が隠れた分、気づかないうちに

自分から距離を取ってたりもします。

 

 

この記事を読んでみて誰かを思いだしたり

しましたか?

パッと思い浮かんだ人との時間を思いだし

てみてください。

その人に本当に伝えたかったことは、

なんですか?

 

 

 

それでは、今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~

 

ws.formzu.net