我慢という名の愛情表現

◇我慢という名の愛情表現

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

最後の無料モニター募集告知

4月16日(金)20時より

☆zoomカウンセリング2名(60分)
☆メールカウンセリング1名(3往復)

モニター協力して下さる方を募集します。
無料ですが、実施後アンケートに
ご協力お願いします。

 

今日はマッサージに行ってきました。

人の手ってどうしてあんなにも

気持ちが良いんでしょうね^^

心身ともにリラックスできました。

 

 

皆さん、幼少期って親が世界そのもの。

小さな子供にとって親は完璧に見えて、

親のことが大好きで喜んでもらいたくて

色々しますよね。

時には我慢を強いられることもあります。

 

そして、親から

「いい子」で居ると褒められる。

知らない内に何をすれば親が喜ぶのか

何をすれば親がありがとうって言ってくれる

のか、分かるようになってませんでした?

顔色を伺ったり、空気を察したり。

 

 

私はもう呼吸をするように当たり前に

保育園児の頃から母とお店の開店準備を

していたし、小学校中学年頃には任されて

いて、下校後に1人で開店準備をすること

もありましたが、生活の一部になっていて

それが普通でした。

 

 

f:id:surrender33:20210412154701j:plain

大人になってから強く感じるようになった

罪悪感は、母との癒着から来ていましたが、

私が感じていた罪悪感は大人の私の感情では

なく、子供の頃の感情でした。

 

母と距離を取りたいのに取れない。

母が重いのに母を見捨てるようで辛い。

 

距離を取りたいのは大人の私。

見捨てるようで辛いのは子供の私。

 

大人の私は思考。(顕在意識)

子供の私は心。(潜在意識)

 

私はずっと子供のマインドで生きてました。

それに気づかなかったのは、私が長い間

感情を抑圧していたからです。

 

自分の気持ちを我慢することで、

親を優先していたんですね。

 

どうして、それが出来たのか。

昔は自分が弱いからだろうし、

自分の意見が言えないからだと

思っていました。

 

心理学を勉強した今では、

それほど自分が親を愛していたという

ことに気がつきました。

 

ここに気づくことや認めることが

ま~キツかったです。

我慢していたこと、抑圧していた感情が

吹き出すと『親への怒り』がメラメラと

燃え上がるので。。。

愛がある分、憎んでもいたし。

死を望んだこともあるし。

 

でも、怒りを出しまくった後に気づく

ことも沢山ありました。

 

親には親なりの愛があったこと。

残念ながら、それは私が欲しかった形では

なかったけれど、愛はあったんです。

 

気づいて受け取れるようになるにも、

大人のマインドが必要だと思います。

 

 

親への罪悪感が大きかったのも、

それぐらい大きな愛を親に向けてたから。

 

我慢し続けたのも、小さな私が優しかった

からなのと、背負えるタイプの人間だった

からだと思います。

限界が分からなかったのもあります…。

 

兄妹が居ても背負わない人は背負わない

ですもんね^^

 

 

我慢することで愛情表現をしていた私。

人の感情や空気感を察しながら、

愛情表現をしていた私。

小さい私は、よくやったなと思います。

 

でも、大人になっても我慢することが

愛情表現のままだと、どんどん苦しく

なります。

 

仕事で、家庭で、子育てで我慢し続けた

結果、私はどんどん男みたいになって

いき思考優位で気が休まることなく、

余裕がなくてイライラしていました。

余裕が無いことにも気づけないほど。

 

頑張ることが止められない。

頑張り続けてることにも気づけない。

 

あのまま進んでたらどうなってたんだろう

と、ふと考えることがあります。

考えてもしょうがないんですけど(^-^;

 

f:id:surrender33:20210412154816j:plain


 

子供のときは我慢することで褒められたり

喜ばれたりしたでしょう。

 

大人になっても我慢が愛情表現だと

『あなた』が見えにくくなります。

『あなた』が欲しいものも手に入りづらい。

『あなた』を愛しにくい。 

 

『我慢』以外の愛情表現をしてもいい。

 

伝える。

見せる。

受取る。

応援する。

受け止める。

させてあげる。

与える。

信頼して見守る。

頼る。

感謝する。

 

 

 

今まで知らなかった愛情表現をするのは

ちょっと勇気は要りますが、

それまでにない経験も出来ると思います。

 

 

それでは、今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~

◎私についてはこちら
◎お問い合わせ、質問、感想はこちらから