お母さんの居ない1日(我が家編)

◇お母さんの居ない1日◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

*8月で有料モニター様募集は最後と
 なります。

 

先日、日帰りとは言え朝から大阪に

行った日のことを。

 

我が家には

高2・中3・小4の3人の子供がいます。

 

上の2人は私が家を留守にしても

何も心配いらないのですが、末っ子は

まだ気にかかる存在ではあります。

 

上の2人が部活やバイトなどで出かけて

いることもあり、家に末っ子1人置いて

おくのはムムム…となるので。

(ラーメンもまだ自分で作れない)

 

今回もまた近くに住む義母さんを頼らせて

もらいました^^

 

「ちょっと大阪に行ってくるね?」

と、末っ子に伝えたとき末っ子の反応は

 

「えええーーーーーー!!」でした。

(拒絶の意味が含まれてます)

 

それに対する私の反応は

「えええーーーーーー!!」です。

こだま返しです。ノリです。

拒絶の意味はありません。

 

日帰りであること、その日1日の流れや

夜遅くに帰宅することを末っ子に伝える

と、理解してくれたようです。

 

f:id:surrender33:20210724195029j:plain

 

当日の朝、ゲームを義母さん宅に持って

行かないという選択をした末っ子。

 

暇を持て余すんじゃないか…と思って

いたら、先日購入した本(坂本龍馬)を

持参していました。

 

夏休みの読書の宿題をするようで、

ちゃんと考えてるんだな~。

 

上の2人にはお昼ご飯代を渡します。

(大きくなってくれてありがとう!)

 

夫には、なるべく早く帰宅することと

夕飯をお願いしました。

 (夕飯のことはすっかり頭になかった様子)

 

予定を終え、駅に夫が迎えに来てくれたんです。

 

いつもなら夫が寝ている時間帯でもあり、

仕事中に4ℓの水分補給をするくらい汗を

かいたらしく、疲れているのに自分で

作業着を洗濯してくれたと。

 

「ありがとうーーーーー!」

 

長女も、いつもなら私がバイトの制服を

洗濯するのに、今回初めて自分で洗濯を

したようです^^

 

私がしようと思ったら出来たんですけど

『帰宅後にやりたくないな~』と思い、

長女に洗濯の仕方を前日教えたんです。

 

おまけにお風呂掃除もしてくれたようで。

(忙しかったようで早くお風呂に入りたかったみたい)

 

みんな、ありがとうーーーーーー。

*注:長男は5時半に起こしてくれました

 

キッチンは、やや悲惨な状態でしたが

全く腹が立たない。

 

帰宅した時には既に寝ていた末っ子。

 

翌日は家事をしている私をよく見ていて

私と目が合うと「フッ」と静かに笑う末っ子。 

 

2階に末っ子の部屋を用意したのに

その部屋では寝ない末っ子。

 

何を考え、何を思っているんだろう^^

 

私にとって絶妙な距離感を

押さえてくれるので助かります。

 

私も甘えさせてもらってるんでしょうね。

 

妻・母・嫁であるけど、

ただの1人の女性としての時間

家庭から離れる時間を持つことで

 

家族の協力があるからこそ出来るという

ことや、少しの時間でも離れることで、

それぞれの成長が見えてくると感じました。

 

そして、そんな時間を持つことを自分に

許可してあげたり、与えてあげることが

とても大事だなと改めて思ったところです。

 

そして、やっぱり家が好き。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました(@^^)/~~