生きづらさを愛おしさへ~カウンセラー春香のブログ~

いつも誰かを優先してきたあなたが、自分の幸せや自分らしさを大切にできますように

ココロのマルシェ:お悩み相談【結婚したいけど、したくない。】

 

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングはこちらから

 

 

今日はココロのマルシェのお悩み相談にお答えします。

 

ココロのマルシェ

根本裕幸氏のお弟子さん制度を卒業

したカウンセラーがお悩みに答えます。

無料相談フォームはこちらからどうぞ^^

 

cocoro-marche.com

 

結婚したいけど、したくない。
~るいさんからのご相談~

はじめまして。30代です。
未婚です。恋愛、結婚について悩んでます。

私は昔から彼氏ができにくいタイプでした。仲のいいグループ5人のうち彼氏いないの私だけとかざらにありました。え、まだいないの?興味ないんだね。って罵られたこともあります。

女子中高大で、中高は男女交際禁止のルールがある厳しい学校でした。だからか、男性と話すときには冷や汗でてました。

大学に入ってからは自由になりよく男性を好きになるのですが、自分から好きだと告白したことはありません。怖くてできません。でも向こうから来てくださる場合もあり、2人ほど男性と付き合ったことがあります。

2人目の彼、28才の時にまさに適齢期の時にお付き合いしていた優しい彼がいました。もちろん欠点もありましたが、お互い上手くやってましたし、私がヒステリーを起こしても寄り添ってくれることが多く幸せだなと思っていました。

そんな彼に結婚しよう。とプロポーズもされました。しかし、私は見事に幸せをぶっ潰すことに成功しました。プロポーズを断り、彼とはそれっきりです。

当時から結婚をすることが怖くて仕方ありません。

結婚式をするとなると親戚付き合い、仕事の人たちと家族が顔を合わせること、義父義母、兄弟との関わりに対する不安や重さ、嫌悪感、逃げたいと言う思いすべてが頭の中で爆発寸前。

彼には理由は告げませんでしたが、彼のことが嫌いなわけではなく、結婚自体がこわいんです。

あれから5年ほど経ちました。その間も好きな人はできるのですが、適齢期で向こうも結婚を意識するだろうと思いなかなか交際に踏み切れません。

結婚はしたいんです。でもいざ目の前に結婚が来た時、母親と同じようになる恐怖、自分のような苦しみを感じながら子供はいきるのかという苦しい考え、あとは前述させてもらった結婚後の人付き合いの拒否反応が沸々とわいてきて、苦しいです。

結婚を躊躇なく素直に望める人になるにはどうしたらいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

(*私の方で改行させていただきました。)

 

るいさん、ご相談を寄せていただきありがとうございます^^

春香からのお返事を書かせていただきますね。

***

 

結婚したいけど、したくないというお話をクライアント様からも聞かせていただいたことがあり、るいさんと同じように『結婚』に対する恐れをお持ちの方は結構いらっしゃるなと感じます。

 

るいさんと同じように、ご自分が育ってきた環境や親子関係と同じようにならないかという恐れや、不仲な両親を見て『結婚』『夫婦』に対して良くないイメージを強く持っている場合や、親を喜ばせたくないという無意識の復讐心がある場合など、さまざまです。

 

結婚を躊躇なく素直に望める人になるにはどうしたらいいの?

 

るいさんから見て、幸せそうだな~いいな~、私もこうなりたいな~と感じるパートナーシップを築いている人たちは居ますか?

 

友人や職場内でもいいし、見当たらなければパートナーシップに取り組まれている人や恋愛・結婚・夫婦に関することを発信している人の中から、るいさんがいいなと感じる人を選んで、研究したり真似してみたりすることをされてみるのもいいかもしれません。

 

また、『素直に望める人』になるためには、『自分に望ませてあげる』許可を出してあげること、『自分の望みを自分が叶えてあげる』という行動も必要になります。

 

私たちは無意識に『自分に望ませてあげる』ことに制限をかけています。こうなったらいいいな~と思った後に、「いや、でも…」「それは…」「やっぱり…」と思考で打ち消すことってありませんか?

 

過去の傷や経験からくる不安や恐れ、セーフティーゾーンを抜ける未知への恐れから、自分が傷つかないよう自分を守るための思考やエゴの声ではありますが、その声を優先してきたからこその『今』なんですよね。

 

るいさんが頭で考えたことでなく、るいさんが感じたことを善悪関係なく、るいさんが受け容れて認めてあげることで、るいさんの中に安心感が芽生えて望みやすくなっていくと思います^^

 

ゼクシイを購入してドレス・メイク・式場などるいさんがいいな♡と感じるものを集めていくのもいいのではないでしょうか。

 

 

彼のことが嫌いなわけではなく、結婚自体が怖い。

 

るいさんがお付き合いされていた男性とは、るいさんが彼の欠点も受け入れていたり、彼もるいさんの感情的な場面でも寄り添ってくれたりと、幸せを感じるお付き合いをされていたんですよね^^

 

『結婚自体が怖い』ということを当時の彼には伝えていなかったのだと思いますが(違っていたらごめんなさい)、私は伝えていいと思いました。

 

るいさんが頭の中で爆発寸前になるくらい結婚に対する恐れやプレッシャーがあることや、なぜそう思ってしまうのかなど。

 

るいさんは、ちゃんとご自身の状況や状態を知ってらっしゃるし、こうやって自分以外の他人に説明や相談が出来るくらい、ご自分のことを俯瞰して見ることが出来る人ですよね^^

 

『怖くて進めない、怖くてどうしていいか分からなくなる。。。』そんな発言をされるクライアント様たちを見ながら私は、『そんな愛らしく可愛らしい姿を私にだけ見せずに彼にも見せてあげてほしい』と感じていました。

 

そのままクライアント様にお伝えすると、「こんなこと彼に言ってもよかったんですか⁉」という驚いたリアクションが返ってきましたが、私は伝えてもいいと思います。

 

るいさんが『結婚』に対してどんな思いを持っているのか、どうしてそういった思いを持つように至ったのかを相手に知ってもらうことで、より深くるいさんという女性を知ってもらえることが出来るし、どうやったらその怖さを乗り越えていきやすくなるのかを話し合えるようにもなると思うからです。

 

その話し合いの中でお互いの違いやそれぞれの希望を知ることができたりすると思うんですね。衝突することもあるかもしれませんが、『漠然とした結婚』から『2人の結婚』として捉えることが出来るようになっていくのではないかなとも思います。

 

『怖がりな私』を相手に見せる勇気。それにはまず、『怖がりな私』『傷ついた私』をるいさんが受け容れて寄り沿いながら、味方になってあげてくださいね^^

 

 

完璧主義・理想主義に偏っていませんか?

 

>>結婚式をするとなると親戚付き合い、仕事の人たちと家族が顔を合わせること、義父義母、兄弟との関わりに対する不安や重さ、嫌悪感、逃げたいと言う気持ちになる

無意識に頭の中が「こうするべき」「こうしたほうがいい」「私がやらねば」とか、自分より他人を優先することに傾いたり、まだ起きてもいないことを無意識に考えすぎていたり、理想的でない状態の自分を責め続けることや罪悪感で、私も逃げたい気持ちになることが多々ありました。

 

頭の中が爆発しそうなくらい自分が考えすぎていることに気づいたら、その内容を紙に書き出してみたり、誰かに聞いてもらったりしましょう。

 

出口がない状態で溜めすぎると余裕が無くなって視野が狭くなりますし、エネルギーの消耗が激しくなって疲れがたまりやすくなってネガティブになりやすいですから。

 

>>母親と同じようになる恐怖、自分のような苦しみを感じながら子供は生きるのかという苦しい考え、あとは前述させてもらった結婚後の人付き合いの拒否反応が沸々とわいてきて、苦しい

お母さんとの関係性の中でるいさんが感じていたこと、我慢していたこと、苦しんできたことを振り返って、棚卸をしてみてはどうでしょうか?

 

お母さんへの怒り、許せなかったこと、悲しく感じた出来事、本当はしてほしかったこと、本当は言いたかったことなど、紙に書き出してみることをお勧めします。

 

苦しかったね、偉かったね、よく頑張ったねと、子供の頃の自分に寄り添うように声をかけてあげてください。本当はお母さんにしてほしかった愛情表現を自分で自分にしてあげてください。

 

きっとるいさんの心の中には、ため込んできた感情がまだまだあるのではないでしょうか。

るいさんの子供時代を苦しかったと表現されていること、まだ見ぬ我が子にるいさんの子供時代を投影して苦しくなっていることから、るいさんが迎えに来てくれるのを待っている『子供の私』が居るのかもしれません。

 

***

 

親子ですから、お母さんとるいさんは似ているところもあると思いますが、お母さんとるいさんは違う人間ですし、違っていいんです。

 

るいさんは、るいさんの思う『幸せ』を選んでくださいね^^

 

1人で難しいと感じたときには、カウンセリングも利用してみてくださいね。

 

***

 

surrender33.hatenadiary.com