お母さんの居ない日々(わたし編)

◇お母さんの居ない日々(わたし編)◇

 

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。今日も暑い1日でしたね。

 

庭先で洗車してびしょ濡れになった春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

 

先日、私が1日家を空けた話を書いたとき、そう言えば私が子供のときにも母が居ない日々があったなと思い出したので、書いてみようと思います。

 

私の記憶の中で一番古い、母が居ない日のこと。多分、私が保育園年長か小学生1年生頃だと思います。

 

夜中にふと目が覚めると父と母が何やら言い合いをしていたのを見たんですね。そして、その後母が泣きながら鞄に服を詰めているのも見ました。

 

小さいながらに、市原悦子ばりに見ていたと思います。

 

父と母が言い合っているのを本当は止めたかった。荷造りしている母が、どこかに行ってしまいそうな気がして、本当は止めたかった。

 

「行かないで。」と言いたかったけど、当時の私には怖くて出来ませんでした。

 

次の日から母の姿はなく、どこに行ったのかも、いつ帰ってくるのかも分からず、それを聞いていいのかも分からずだった私は、父方の祖母が私と兄のお世話に来てくれていたので、母が居ない以外は変わらない日々を過ごしていたと思います。

 

後に私が大人になってから、母から聞き知ることになりますが、父の借金が止まらないので、母は家出して父に反省させようとしたらしいです。母は父を自分の思い通りにコントロールしたかったんだろうし、父を変えたかったんでしょうね。

 

実家に帰った母を、父は友人を連れて迎えに行ったそうで。

 

男性心理も心理学も知らなかった当時の私は、自分1人で迎えに行けない父を『弱くてださい男』として見ていました。

 

自分の目で見たことなので、この1回の母の家出を強烈に覚えているんですが、2つ上の兄の記憶では、母の家出は1回ではなく、3回だそうです。本当のところは何回なのか今となっては確かめようがありません。もっと多かったりして^^

 

夜の仕事に家出、事故入院、手術入院、闘病入院と、振り返れば母が居ない日々は多かったように思います。

 

寂しさや悲しさ、どうなるのか分からない怖さや不安を感じないように、感情に蓋をしたり、私が悪いんじゃないか、私がしっかりしなきゃと思いやすい原点は、この辺りにあるのだと思っています。

 

男性を心の奥でバカにしていたのも、弱い=ダサい、頼りにならないという決めつけの原点は、父を見ていて私が感じていたことやジャッジです。

 

そして、それらによって恋愛や仕事、人間関係、夫婦関係、子育てに影響が出ました(^-^;

 

両親への怒りを解放した今は、そんな両親のことを「両親の結婚生活が2人にとってのベストだったんだろうな」と思えたり、自分を大切にするということや、自分と向き合うことや、自分以外の他人を変えることは出来ないということを知らなかったら、そうなるよねとも思います。

 

子供のときに感じるのが怖かった感情は、いつまでも心の奥底にあります。気づいてもらえるまで待っているかのように。私もまだあるんじゃないかと思っています^^

 

自分が抑え込んできた感情に気づいてあげることで、自分との距離が近づいていきます。でもこれが1人では、なかなか難しい。そんな時は、どうか私たちカウンセラーを頼ってみてくださいね。

 

それでは、今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~

 

≪お知らせ≫

8月も有料モニター様を募集しますが、有料モニター様価格は8月で最後となりますので、ご検討ください。お得にご利用くださいね。

8月のカウンセリングは8月1日(日)20時よりご案内いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月のテーマと8月のお知らせ

◇7月のテーマと8月のお知らせ◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

 

今日、長男の県大会があり、残念ながら惜敗となり部活引退となりました。

 

コロナにより観戦が出来なくなり、最後の試合も見れませんでしたが、会場までの車内で長男と話したんですね。

 

「出来ることをやるだけ」

「部長としての仕事をやるだけ」

 

長男は、そんなことを言っていました。

 

私は、ふむふむと聞きつつ3年間を振り返りながら

 

「好きになってハマれるスポーツに出会えてよかったね」

「全部だしきって来て。」

「大丈夫。やれるよ。」

「追い込まれたら、くっそーもう無理ー!!こんな状態イヤー!!って肚の底から感じて開き直ってみて。」

 

長男からしたら、アドバイスなのかクソバイスなのか分からないことを伝えました。

そのスポーツのルールを未だに知らない母ちゃんです。

 

試合結果の連絡がくるまで、なんとなく気になるんですが、出来ることが無い。

 

何も出来ないから祈るしか出来ないけど、私はどうなってほしいのか?

 

もちろん勝ってほしいし、勝てたら嬉しいけど、私は何を望んでるんだろう?

 

・・・・・・・。

 

長男がやりきってくれたらそれでいい。スッキリ晴れやかな顔をしている長男が見たい。

 

惜しい試合結果でしたが、私の望みは叶いました。長男の晴れやかな笑顔を見ることが出来ました。よく頑張った。

 

f:id:surrender33:20210725165150j:plain

 

7月のクライアント様のお話を聞かせていただいて、不思議と似たようなテーマがあるなと感じたんです。変化変容のタイミングであること。

 

*環境・人間関係の変化でこれまでと違う状況に戸惑いながら進んでいる

 

*短期間の間に次から次へと何かが起きることで変化を促される

 

*もう無理!と助けを求め弱さを見せることが出来た

 

*もう嫌だ!と肚の底から思ったことをきっかけに選択肢が変わる

 

*これまでのパターンと違う今を、これでいいの?こんなに楽だったり良い状態でいいの?と嬉しいんだけど戸惑いを感じる。

 

中には半年近くお話を聞かせていただいてきた方たちもいらっしゃるので、乗り越えてこられたことや向き合ってこられたこと、辛い状況の中で気づかれたこと、その時その時に出来ることをご自分で選択・行動されてきたことが変化に繋がっていることが素晴らしいなと思いました。

 

人には力がある。そのことを見せていただいたように思います。上手い言葉が見つかりませんが、その変化のプロセスを見せていただけることがとてもありがたく、嬉しくもあり、美しくて愛しい。

 

なんだか胸がいっぱいなので、今日はこの辺で。

 

≪お知らせ≫

8月も有料モニター様を募集しますが、有料モニター様価格は8月で最後となりますので、ご検討ください。お得にご利用くださいね。

8月のカウンセリングは8月1日(日)20時よりご案内いたします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さんの居ない1日(我が家編)

◇お母さんの居ない1日◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

*8月で有料モニター様募集は最後と
 なります。

 

先日、日帰りとは言え朝から大阪に

行った日のことを。

 

我が家には

高2・中3・小4の3人の子供がいます。

 

上の2人は私が家を留守にしても

何も心配いらないのですが、末っ子は

まだ気にかかる存在ではあります。

 

上の2人が部活やバイトなどで出かけて

いることもあり、家に末っ子1人置いて

おくのはムムム…となるので。

(ラーメンもまだ自分で作れない)

 

今回もまた近くに住む義母さんを頼らせて

もらいました^^

 

「ちょっと大阪に行ってくるね?」

と、末っ子に伝えたとき末っ子の反応は

 

「えええーーーーーー!!」でした。

(拒絶の意味が含まれてます)

 

それに対する私の反応は

「えええーーーーーー!!」です。

こだま返しです。ノリです。

拒絶の意味はありません。

 

日帰りであること、その日1日の流れや

夜遅くに帰宅することを末っ子に伝える

と、理解してくれたようです。

 

f:id:surrender33:20210724195029j:plain

 

当日の朝、ゲームを義母さん宅に持って

行かないという選択をした末っ子。

 

暇を持て余すんじゃないか…と思って

いたら、先日購入した本(坂本龍馬)を

持参していました。

 

夏休みの読書の宿題をするようで、

ちゃんと考えてるんだな~。

 

上の2人にはお昼ご飯代を渡します。

(大きくなってくれてありがとう!)

 

夫には、なるべく早く帰宅することと

夕飯をお願いしました。

 (夕飯のことはすっかり頭になかった様子)

 

予定を終え、駅に夫が迎えに来てくれたんです。

 

いつもなら夫が寝ている時間帯でもあり、

仕事中に4ℓの水分補給をするくらい汗を

かいたらしく、疲れているのに自分で

作業着を洗濯してくれたと。

 

「ありがとうーーーーー!」

 

長女も、いつもなら私がバイトの制服を

洗濯するのに、今回初めて自分で洗濯を

したようです^^

 

私がしようと思ったら出来たんですけど

『帰宅後にやりたくないな~』と思い、

長女に洗濯の仕方を前日教えたんです。

 

おまけにお風呂掃除もしてくれたようで。

(忙しかったようで早くお風呂に入りたかったみたい)

 

みんな、ありがとうーーーーーー。

*注:長男は5時半に起こしてくれました

 

キッチンは、やや悲惨な状態でしたが

全く腹が立たない。

 

帰宅した時には既に寝ていた末っ子。

 

翌日は家事をしている私をよく見ていて

私と目が合うと「フッ」と静かに笑う末っ子。 

 

2階に末っ子の部屋を用意したのに

その部屋では寝ない末っ子。

 

何を考え、何を思っているんだろう^^

 

私にとって絶妙な距離感を

押さえてくれるので助かります。

 

私も甘えさせてもらってるんでしょうね。

 

妻・母・嫁であるけど、

ただの1人の女性としての時間

家庭から離れる時間を持つことで

 

家族の協力があるからこそ出来るという

ことや、少しの時間でも離れることで、

それぞれの成長が見えてくると感じました。

 

そして、そんな時間を持つことを自分に

許可してあげたり、与えてあげることが

とても大事だなと改めて思ったところです。

 

そして、やっぱり家が好き。

 

それでは、今日はこの辺で。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました(@^^)/~~

 

 

食べて笑って満たされて大阪

◇食べて笑って満たされて大阪◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

 

振り向けば横浜ではなく、

満たされて大阪です。

 

昨日、日帰りで大阪に行ってきました。

 

目的は2つ。

 

1つ目は、カウンセラー仲間との

優雅なランチタイムを楽しむこと。

f:id:surrender33:20210723123041j:image

左から

一水みゆきカウンセラー

ゆーみんカウンセラー

わたし(春香)

いなこカウンセラー

よしのカウンセラー

根本裕幸師匠のお弟子3期生です。

 

 

~蓮の葉に乗った前菜~

f:id:surrender33:20210723123301j:image

 

~リゾット~
f:id:surrender33:20210723123223j:image

 

~メインのスズキさん~
f:id:surrender33:20210723123135j:image

 

~デザート~
f:id:surrender33:20210723123313j:image

 

食と空間とサービスに癒され、

あれこれ話して満たされた後は。。。

 

根本裕幸師匠のお弟子ミーティングに

参加しました。

 

初めましての方、お久しぶりの方。

 

小さな体でエネルギッシュかつ

純度100%の方。(1歳女児)

 

オンラインでは会ってもリアルで

会うのはまた違うな~とやっぱり毎回

感じる私です^^

(お弟子受講もオンライン多めだったので)

 

皆さんの考えてること、感じていること

経験されてきたこと、それらに対する

お師匠の意見をシェアしてもらいました。

 

こういう場で、私は毎回

『その時、その場で質問したり意見が

言える人』って凄いなと思うし感心します。

 

私は大体、後から出てくるので。

なんかタイムラグがあるんですよね(^-^;

 

なので、だいたい

『なるほど~』『凄いな~』

と、聞き入っていることが多いし、

 

感じていることを言語化するのに時間が

かかるので、考えている間に別の人が

した質問に対して、

 

『そうそう、それが聞きたかった!』と

なることが多い。そんな私です。

 

直接お師匠にお伝えしたかったことを

やっとやっと伝えることが出来ました。

 

お弟子受講中から始まったモニター募集。

 

お師匠のお弟子ということで、モニター

協力してくださる方たちが私のところにも

来てくださったこと。

 

やっとお礼を伝えることが出来ました^^

ふうぅぅ~。

 

有料化しても変わらずカウンセリングを

申し込んでくれる方がいらっしゃること。

これは伝え忘れるという。。。

 

ミッションを終えてからは、ただただ

皆さんのお話を聞いていましたが

期は違っても共にお師匠から学んだ人たちと

同じ空間で思いや言葉・情報・経験を共有

することが出来ることは贅沢だなと感じました。

 

こういった場を設けていただき、

お師匠、Kさん、ありがとうございました。

 

さあ、家に帰ろう~と

大阪駅で新幹線待ちの間、

メールチェックをしていたら。。。

 

な…

な…

ななな。。。

 

なんですってーーーー♡

 

となる嬉しい報告をクライアントさまが

送ってくださっていて

 

嬉しくなり、疲れも靴擦れの痛みも

吹っ飛び、お土産選びもスムーズでした^^

ありがとうございます。

 

目に見えない流れってあるなと

改めて感じることとなり、

始まりから終わりまで濃厚かつ楽しく

気づきのある大阪でした。

 

また行きます!

 

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お悩み相談:ココロのマルシェ【義母に嫉妬してしまいます】

◇お悩み相談:ココロのマルシェ◇

 【義母に嫉妬してしまいます】

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

 

子供たちが終業式を迎えました。

いよいよ夏休みです!

特に何もありませんが(笑)

 

今日はココロのマルシェのお悩み相談に

お答えします。

 

~ココロのマルシェ~

根本裕幸氏のお弟子さん制度を卒業

したカウンセラーがお悩みに答えます。

無料相談フォームはこちらから

 

cocoro-marche.com

 

義母に嫉妬してしまいます

~ゆきこさんからのご相談~

 

結婚1年の子なし夫婦です。
旦那はお母さんのことが大好きです。

何か困ったことがあったら、妻である私
じゃなくて義母の方に相談したり頼ります。

旦那の実家に帰ると、旦那は義母と
話しているのがすごく楽しそうです。
(私の存在は無視です)

月1、2回ほど旦那の実家に行くのですが、
私といる時と比べものにならないくらい
楽しそうで落ち込みます。

義母はとても明るくて優しくて素敵な人です。
反対に私は暗くて静かで我儘です。

こんなのじゃ好かれないのも分かります。

旦那に好かれたい、義母に負けたくない気持ち
でいっぱいですが、上手くいかず辛いです。

旦那に愛されている義母に嫉妬してしまいます。

どうしたら義母に嫉妬しなくなるでしょうか。
よろしくお願いします。

 

ゆきこさん、ご相談を寄せていただき

ありがとうございます。

 

春香からのお返事を書かせていただきますね^^

 

結婚1年目のゆきこさん。

 

結婚してみると交際中との違いを感じる

と思いますし、

 

義家族との付き合いの中でも、戸惑いや

不安を感じることもありますよね。

 

義母さんとご主人が仲良いのが面白くない

と感じる気持ち、私も新婚時代に感じたこ

があります^^

 

ゆきこさんは、

*ご主人に頼られたい

*ご主人に必要とされたい

と思っているのに、

ご主人は義母さんを頼っているように

感じて不満が募っているんですよね。

 

頼られたり必要とされることで、

ゆきこさんは「愛されてる」と感じられる

のでしょうか?

 

また、義実家に行くと義母さんとご主人

の仲の良さや、ご主人の楽しそうな様子

を見て落ち込まれるとのこと。

 

ご主人が実家で楽しまれるのは、

長年慣れ親しんだ実家であり、気を遣わず

に居られるからだと思うんですね。

 

ゆきこさんは、ご自分のご実家で

ご主人のように居られますか?

(くつろいだり相談したり

 会話のキャッチボールしたり)

 

もし、ご主人のように居られないと

したらそれはどうしてなのか、ご自分で

振り返ってみられてもいいと思います。

 

また、『嫁なんだから、こうあるべき』

というような価値観や思い込みがあるか

どうかもご自分に聞いてみてください。

 

もし何らかの価値観や思い込みがあれば

それによってゆきこさんらしく居られなく

なっていることもあると思うので、

 

その思い込みがどこから来ているのか、

本当に自分はそうしたいのか、

どうなったらゆきこさんが楽しく居られる

のかを書き出してみるのもいいと思います。

 

義母はとても明るくて優しくて素敵な人です。
反対に私は暗くて静かで我儘です。
こんなのじゃ好かれないのも分かります。

 

義母さんには義母さんの良さがあり、

ゆきこさんにはゆきこさんの良さがある

と思うんです^^

 

どうして暗くて静かで我儘だと

好かれないと思うのでしょうか?

 

落ち着きがあって穏やかで居心地が良くて

そうかと思えば激しくお願い上手な女性が

居たら、男性は嬉しいと思うんですけど^^

 

ゆきこさんがご自分のことを、こういう

人間なんだと思っていても、周りの人は

違うように見ていることも多々あります。

 

好かれているから結婚相手に選ばれたと

思いますし、家族として受け入れられている

のだと思いますが、ゆきこさんが思い描いて

いた展開とは違っていますか?

 

どういう状況だったら、

ゆきこさんは『幸せ』を感じ受け取れる

のでしょうか?

 

 旦那に好かれたい、義母に負けたくない気持ち
でいっぱいですが、上手くいかず辛いです。
旦那に愛されている義母に嫉妬してしまいます。

 

ゆきこさんは、ご主人のことが大好きなんですね^^

ご主人も、ゆきこさんのことを大好きだと

私は思いますよ^^

 

「結婚」するくらい大好きになったから

一緒にいると思いますし、

仕事に行って、ゆきこさんの居る家庭に

帰ってくるのだと思います。

 

ご主人が義母さんのことを好きなのも

間違いないと思います。

 

お母さんという存在は子供が幾つになっても

特別な存在だと思うので。

  

ゆきこさんは、これまでにも強く嫉妬

したことはありますか?

 

私だけを見てほしい

私を一番にしてほしい

でもいつも私は後回し…

なんであの人ばっかり…

 

そんな思いを感じたことはありませんか?

 

もしかしたら、その経験での解消されて

いない思いも関係しているかもしれません。

 

また、カウンセリングでしたら、

ゆきこさんにとっての『幸せ』とは

どういったものなのかもお聞きしたいなと

思います。

 

結婚して夫婦になったのに

夫に大事にされてないな…

愛されてないように感じる…

 

だから愛されてるように見える義母さん

に嫉妬してしまうと思うんですね。

 

どんな場面で

どんな様子を見て

『いいな~義母さんは。。。』

と、ゆきこさんが感じる(感じやすい)のかを

もっと知りたいなと私は思いました。

 

そこに、

○○だから愛される

どうせ私は△△だから

というような、ゆきこさんがお持ちの

方程式のようなものがあるのではないでしょうか?

 

ゆきこさんにはゆきこさんの愛情表現があり、ご主人にはご主人の愛情表現があると思います。

 

同じ愛情表現をしているとは限りません。

夫婦と言えど、違う人間ですし性も違いますよね。

 

自分が自分のことを大事にしてないと

大事にされてないと感じやすいです。

 

自分が自分のことを分かってあげようと

しないと、分かってもらえないと感じる

現実になりやすいです。

 

まずは自分自身とのパートナーシップを

見直してみてはどうでしょうか。

 

 

お1人では難しい時には、

カウンセラーにも頼ってみて下さいね。

 

ゆきこさんの幸せな結婚生活を応援しています^^

 

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マイペース、マイペース

◇マイペース、マイペース◇

 

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

ブログの更新がゆっくりになってきて

いる、カウンセラー春香です。

 

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

 

 

ブログを書きたいと思う時もあれば

ブログを書かなきゃと思う時もあり

 

書かなきゃいけないのに書けない…

以前は、このループにはまると

 

義務化して出来ない自分を責めるという

ことを自分だけの世界で何度も何度も

繰り広げていました。

 

今はちょっと違うんですけど。

 

ここのところ書けない理由の1つに

『私は何を伝えたいんだろう』

という思いがあったり。

 

また別の理由としては

お家快適化計画が着々と進んでまして、

 

エアコンも無事に設置され

襖紙も自分で張替えましたよ^^

 

木目調にしてみました~。


f:id:surrender33:20210717184210j:image

 

数年前に夫と壁紙を張替えた時以来の

作業で、戸惑いつつ真剣な1人作業でした。

 

2人でしても楽しいんですけど

1人でするのもまた違う楽しさがあります。

 

本気と書いてマジと読むくらい真剣です(笑)

夢中になって時間忘れて腰を痛める…。

 

まだ別の襖もあるので、そこは柄を変えて

遊んでみようかなと思ってます^^

 

相変わらず家事は苦手なままですが、

自分のペースでしているので

 

気づけば大嫌いだったアイロンがけも

無心で毎日やっています。

 

前はアイロンがけが嫌すぎて、

「面倒くせえーーー」

「手でパンパンでよくない?」と

サボりまくりだったんですけど(^-^;

 

その変化に夫も私も驚いています。

 

何もかも自分がやらなきゃと思い込んで

いっぱいいっぱいになっていることにも

気づかずに、

 

自分で自分を労わり寄り添ったり

自分で自分を褒めて認めたり

ということを一切せずにいた頃。。。

 

『余裕』が無かったんですよね、私。

 

『余裕』が無さ過ぎて、目に見える外側が

変われば楽になるはずって思っていました。

 

自分次第なんだなと、今は思います^^

 

なんか…地に足が着いてきたような…

そんな感じです。

 

皆さんも忙しい日々をお送りかと思いますが

自分の為の時間・余裕を持てますように。

 

それでは、今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫に頼って任せたその後

 ◇夫に頼って任せたその後◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

*カウンセリングお申込みはこちらから

 

 

雨続きだったので久しぶりの晴れ間が

余計に嬉しく感じて、洗濯も捗り

気持ちもスッキリしている日曜の午後。

 

皆さんは、どんな日曜をお過ごしでしょうか。

 

 

私の今年やりたいことのうちの1つでも

ある、お家快適化計画(仮)。

 

次男の部屋と、和室にエアコンをつける

計画が来週実行されます^^

 

和室のエアコンは家を建てたときに

つけたものですが、ほぼ使わない間に

動かなくなりました(笑)置物状態…。

 

15年も経つので取り替えます。

 

エアコンを買うのなら、近所の電気屋

するか、夫の知り合いの業者にするかと

いうことになり、

 

夫に、知り合いの業者さんに見積もりを

頼んでみてとお願いして2週間…。

 

まだかな?まだ?忘れてない?

 

逸る気持ちを落ち着かせて、夫に任せて

若干奥歯をギリギリさせつつ、

近所の電気屋から届いたDMをしっかり

チェックしつつも見守っていたら、

動き出しました。

 

その業者さんが見積もり持参で下見に

来てくれて、そのまま取り付けの日も

決定。

 

なかなかスムーズです。

 

夫に任せてよかったなと思っていたら

 

「トイレも取り替えれるか聞いたら?」

と、言う夫。

 

「あいつ、電気と水回りできるし、

 トイレの便器も変えたいって言い

 よったよね?」

 

私、言ってた。

思いつくかぎりの家の中のことを

ポンポンポンポン夫に言ってた。

 

いいの?いいんだ♡

 

期待せずに思いつくかぎり

ポンポンポンポン夫に願いを投げてた。

 

覚えていてくれたようです^^

 

夫の優しさが見えるようになり

受取れるようになってくると、

 

それまで見えなかった、気づけなかった

ものに気づくようになるので、

感動するし、夫がカッコよく見えます(笑)

 

それと同じくらい、

自分だけでなんとかしようとしていたこと、

自分だけでなんとか出来ると思っていたこと

に、なんて傲慢だったんだろうと感じるし、

 

今まで私は何をしてたんだろう。。。

と、落ち込むこともありました。

 

それぐらい、自力で頑張ってきたということ

でもあるんですけどね^^

 

1人で何とかしようとしていた時は

お願いすることも任せることも

しなかった。

(したことないことは怖いし、そもそも

 お願いする任せるなんて知らなかった)

 

お願いする・頼る・任せるということを

しても、私が期待していたような結果で

なくてガッカリしたり、

 (完璧主義、期待しすぎ問題)

 

ガッカリした分、「もういいわ!」と

お腹の中で毒づいていたり、

 (お願い下手さんは不満を溜め込むのが上手)

 

「もういいわ!」と毒づいた分、

拗ねて分かってもらえないと感じたり

やっぱり頼りにならないと感じたり、

(一回の結果で決めつけて過程を見ない)

 

「私がやった方が早い!」と、

無意識に夫を見下したり競争していた

のもあったり、「私がやった!」という

達成感を感じたかったり。

(見えない何かと戦っています)

 

応えようとしてくれている夫の優しさ

が、全く見えていませんでした。

 

それが見えるようになってきたのは、

夫をどうにかしようとするのをやめて

自分を知ろうと向き合うようになって

からです。

 

なんで、こんなに夫にイラつくんだろう?

(どんなところにイラつくの?)

 

なんで、私ばっかり頑張ってるんだろう?

(いつから自分が頑張らなきゃって思ってた?)

 

なんで、私こんなに動き回るんだろう?

(気を抜いてリラックスしてることある?)

 

なんで、私は夫を頼れないんだろう?

(男性が好きなのに敵視するのはなんでかな?)

 

自分が持っている思い込み・価値観を通して

夫を見ていたんですよね。

 

自分を知れば知るほど、

夫の見え方が変化していったんです。

 

曇ったメガネをかけていたら、

見える世界も曇って見えるように

私の夫を見る目も曇っていました。

自分で選んだ男性なのにね^^

 

あなたのメガネは、

クリアに見えていますか?

 

 

それでは、今日はこの辺で。

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~

 

 

surrender33.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

何度も何度でも、迎えに行く

◇何度も何度でも、迎えに行く◇

 

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

*お問い合わせはこちらから 

私についてはこちらから  

 

 

今日のうどん県は雨と雷が凄く、

県内の所々に警報が出ています。

 

何事も無く雨が止みますように。

 

 

自分と向き合うようになり

長年感情を抑え込んでいたことに

気づくと、抑え込んでいた感情を

解放していくことになります。

 

私は、『怒り』の量が凄かった。

 

育った家庭の中で、

『怒り』を良くないものと思い込んで

いたし、感情的な親を見ながら

『ああなりたくない』とも思っていた

ので、余計に『怒り』を抑圧するよう

になっていたんですね。

 

なので、まずは『怒り』を自分の

内側から出すことをしました。

 

それから小さな幼い自分と向き合う

ことをしていったと思います。

 

それから数年経った今でも

ふと思い出すかのように過去の自分を

迎えに行くことがあります。

 

不思議なことに、車の運転中に

のどかな景色を見ているときに

思い出されることが多いです。

 

昨日、その『ふと』がやって来ました。

 

f:id:surrender33:20210708095948j:plain


 

私が結婚して間もなく、ある友人の

結婚式に参列したときのこと。

 

その友人は、お母さんに手を引かれ

ながら登場したんですね。

 

私は、その様子を見て羨ましくて

泣けたんです。

第一子妊娠中だったのでホルモンや

情緒的なものもあったかもしれません。

 

でも、はっきりと

『私もあんな風にしたかった。』と

思ったんですよね。

 

思ったのに、

「そんなこと思っても仕方がない」

「なんか私、惨め…」

「花嫁姿は見せてあげたじゃない?」

すぐに思考で、感じていたことに蓋を

したんです。

 

『私も母と一緒に登場したかった。』

ただそれだけの思いを受け止めず、

感じることを禁止して、

出来なかった悲しみや悔しさを感じない

ように、何事もないような感じで拍手を

しながら友人を見ていました。

 

当時、母は長期入院中で私の結婚式には

参列できなかったんです。

 

でも、私の花嫁姿は何度か母に見せる

ことは出来ました。

 

ブライダルショーに何度か出たことがあり

その際、母と一緒に衣装を決めたことが

あったり、会場に見に来てくれたりした

ので。

 

「見せてあげられたじゃない?」

「見せてあげられて良かったよね」

 

私のこのお決まりの思考パターン。

 

出来たこと、良かったことを自分に

言い聞かせて納得させようとしたり、

前向きに励まそうとするパターン。

 

母が持っていたパターンでもあります。

 

してあげられたこと、

してあげたかったことには目を

向けるけど、自分がしたかったことはスルー。

 

確かにこのやり方で進むことが出来ます。

 

実際、このやり方で何度も立ち上がること

が出来たし、前に進むことも出来ました。

 

でも、本当の根っこは残ったまま。

 

『ただ、それをしたいと思った。』

『私が、したいと思った。』

 

自分の本音は受け止めてもらえずに

心の奥底に溜まったまま。

 

自分の思い通りにするとかではなく、

自分が思ったことを自分が受け止めて

分かってあげる。

 

したかったよね

したいと思ったんだよね

出来なくて辛かったね

出来なくて悔しかったよねーーー

 

したかったなーーー

私が、したかったんだよね

私が、そう思ったんだよね 

羨ましかったなーーー

 

気づかないフリしてごめんね

 

運転しながらそう言葉にすると

静かに涙が流れたので

内なる自分・奥底にあった感情は

「分かってもらえた」と

喜んだのか安心したのだと思います。

 

何度も何度でも出てくる過去の感情。

 

気づくたびに受け止めて

理解して寄り添ってあげる。

 

私のように、

●お母さんが病気だった

●お母さんが可哀想に見えた

●お母さんが弱そうに見えた 

●お母さんが大変そうに見えた

●お父さんが家庭を顧みなかった 

●お父さんが問題を抱えていた

 

そんな風に感じながら家族を見ていた

人は、気づいてほしい感情が奥底に

溜まっているかもしれないし、

 

その気づいてほしい感情が

恋愛・パートナーシップにも影響して

いるかもしれません。

 

なので、ふと気づいたときには

ぜひ自分の感情に寄り添ってあげて

くださいね^^

 

1人で難しいときには、

どうぞ頼ってくださいね。

 

7月半ば~後半、空きがあります^^

記載されている日程以外でも

対応させていただきますので、

お問い合わせください。

surrender33.hatenadiary.com

 

それでは今日はこの辺で。

 

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~

 

 

 

 

 

本当に欲しかったもの

◇本当に欲しかったもの◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラーの春香です。

 

*お問い合わせはこちらから 

私についてはこちらから  

 

 

探していたものが見つかったような。

 

どうして、それをし続けたのかの謎が

解けたような。

 

役に立ちたくて、喜んでほしくて

頑張り続けていたのは、なぜなのか。

 

喜ぶ顔が見たい

 

喜んでくれると嬉しい

 

認められたい

 

褒めてもらいたい

 

愛されたい

 

愛してほしい

 

負けたくない

 

勝ちたい

 

手に入れたい

 

自分だけを見て欲しい

 

それは分かるんだけど…

それよりもまだ何かあるな…

 

喜んでもらえたら嬉しい。

 

自分のしたこと出来たこと(行動)で

喜んでもらえたら嬉しい。

 

したことや出来たこと(行動)ばかりに

重点を置いていたけれど、

 

それらについての評価をもらっても

受取れなかったのは、

 

私自身が

「受け取り拒否の女」で

「罪悪感強めな女」であるのも関係してる

とは思うけど、

 

本当に欲しかったものが別にあったから

じゃないかと、ここのところ考えてた。

 

f:id:surrender33:20210703155200j:plain

 

私が欲しかったのは、

私という存在が相手の喜びになること。

 

もっと言えば、

私という存在そのものを相手が喜んでくれる

瞬間を一緒に感じたかったんだろうと思う。

 

頭では分かっていたけど、体感的には

イマイチだったのは、

 

私が私を長年「良くないもの」と感じ続けて

きたからなんだろうと思う。

 

会うだけでお互い笑顔になれるのは

お互いがお互いにとって

自然に笑顔になる存在だから。

 

お互いが喜びを感じているから。

 

そんなシンプルなことも肚落ちする

のに、時間を要したと思う。

 

自分のことを「良くないもの」と思って

いたから、見えなかったものや

受取れなかったものが沢山あるけど

 

「最高に良いもの」とはまだ思えなくても

 

「そんなに悪くないかも」

「これが私だもんな」

  「面白いな、わたし」

 

そう思えるようになって、

自分を良くないものと思い込んでいた

のは自分だけで、

 

私はよくないものだから受け取っては

いけない、罪を償うために頑張り続けない

といけない、なぜなら私は罪人だから

 

と、思い込んでいたのも自分だけ

ということに何度も何度も気づかされた。

 

ここで書いている罪は、

親を幸せに出来なかったという罪です。

(そんな罪は本当は無いんですけどね)

 

1回の気づきでは私は無理でした。

思い込み激しいし殻が分厚かったから。

 

途中までは1人で。

1人の限界を感じて他人を頼るように。

同じところでグルグルしていたから。

 

誰の言葉を取り入れるのか。

 

自分の価値・魅力を見てくれる人の言葉

は、その時受け取れなくても、自分の

どこかに残ります。

 

その言葉が、自分では気づかない間に

自分の内側で芽を出して、

そういうことだったのかと気づく瞬間、

 

欲しかったものは最初からあった

ということにも気づいたりするし

 

見たくないところに気づいたりするし

 

当たり前すぎて気づかなかったことにも

気づいたりする。

 

気づきをえるたびに自分が愛おしくなる。

 

欲しかったものを、自分1人だけじゃなく

自分以外の誰かと分かち合ったり

共有しあったり出来るようになったりする。


 

あなたの欲しかったもの、

欲しいものはなんですか?



 

それでは今日はこの辺で。

 

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~

 

surrender33.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの視点と私の視点

◇あなたの視点と私の視点◇

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

 

*お問い合わせはこちらから 

私についてはこちらから  

 

 

今日から7月ですね。

 

そんなに実感がないのは

今日が涼しすぎるからなのかな。

 

 

f:id:surrender33:20210701143510j:plain

 

さっき、買い物に行ってきたんです。

 

私の前のお客さんが、

支払いがゆっくりだな~とボーっと

見ていたら、足を怪我されていて

 

その足をかばいながら支払いをされて

いたのと、小銭多めだったようで

ゆっくりだったんだなと気づきました。

 

そして、私の番に。

 

店員さんはレジ横にある

セロハンテープやバーコードの機械を

よけては、何か探している様子。

 

まだかな~と思っていたら、

店員さんは探すのを止めてレジを

打ち始めたんですね。

 

そのとき、セロハンテープの下から

控えめに顔を出している1円玉に

私は気づきました。

 

この1円玉を探されていたんだなと

思い、セロハンテープをひょいと

持ち上げて、

 

「ここに1円玉ありますよ~^^」

と、店員さんにお伝えしたところ

 

「無いな無いなと探してたんです!」

 

「こちら側からは見えるけど、

 そちら側からは見えなかったんでしょうね。」

 

よかったよかったと言いながら

支払いを終えました。

 

正直、まだかな~とは思いましたよ。

早く帰りたいから。

お腹空いてるし。

グーグーお腹鳴ってるし。

 

それでも、店員さんの笑顔やホッとした

表情を見れてよかったです。

 

私のちょっとのイラつきも落ち着いたので。

お腹空いてるとダメですね。。。

 

そして、何より

他人の視点と自分の視点は違うんだな~

やっぱり面白いな~

と、思ってムフ♡ってなりました^^

 

あなたの視点で見える世界や

あなたの視点で感じていることを

 

私を通して、知ってみませんか?

 

7月もお待ちしています。

surrender33.hatenadiary.com

 

 読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~