いつも誰かを優先してきたあなたが、自分のことを知り、自分らしく生きられるようサポートするカウンセラー春香のブログ

ココロのマルシェ:お悩み相談【親との関係について】

 ◇ココロのマルシェ:お悩み相談

 【親との関係について】

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

◎カウンセリング6月より有料(準備中)
◎私についてはこちら
◎お問い合わせ、質問、感想はこちらから

 

 

気が付けばGWも今日で終わりです。

明日から学校ですよ~ヽ(^o^)丿

 

家族全員で特に何をするということも

なく、バイクで遠出する人、バイトに

入りまくる人、部活だけ一生懸命な人、

友達と外食する人、ゲーム三昧な人。

それぞれ過ごしておりました。

 

 

皆さんは、どんなGWでしたか?

ゆっくり出来ましたか?

お楽しみ時間はありましたか? 

 

 

さて、今日もお悩み相談にお答えしよう

と思います^^

 

cocoro-marche.com

 

親との関係について

ぴよぴよさんからのご相談~

 

私は両親の経営する会社で事務をする
25歳女性です。

根本さんのブログ・ホームページを
読んで、私には両親へのトラウマや、
生きづらさがあると自覚しました。

私は、高校生の時に家族の関係が
悪くなり、父親からモラハラのような
事を言われていました。

少し自分の意見を述べただけで
「この俺に反抗するのか」と言われたり

雑巾がけを断っただけで
「お前なんか娘じゃない」と怒鳴られ
酷く泣きました。

また、同じ様にモラハラを受ける母に
元気を与えようと、涙を見せず気丈に
振る舞って居ました。

父親は当時経営者になったばかりで
不安定だったのだと思います。
今では反省しており、あの時の俺は
おかしかった等と話しています。

しかし私はこの経験から過剰に
人の顔色を伺い、自分自身の怒りや
悲しみに蓋をする様になりました。

酷いことを言われてイライラしても
無視したり、傷ついても泣くのを
我慢する癖、不機嫌そうな人を見ると
自分が機嫌よくしないとと思ってしまいます。

最近、仕事が忙しく部下に怒ったりする
父親の厳しい面が目につくように
なりました。仕事をしているから
部下がミスをしたから怒って当たり前と
頭では分かっていますが、
自分も怒られるのではないか?
同僚の一挙一動で
父が癇癪を起こすのでは?と過剰な不安に
かられて、仕事中は常にイライラ・
そわそわ緊張状態です。

実際、父親が私に直接怒る事は
非常に稀ですが、過剰に心配してしまいます。

また、この様な自分の過剰な不安から
父親へのトラウマに気付き、
今まで認めていなかった父親への悲しみや
怒りが溢れてきてどの様に対応すればいいか
分からずにいます。

私はどうすれば気持ちが落ち着き、
両親ときちんと向き合う事が出来る様に
なるのでしょうか。

 

ぴよぴよさん、お悩みを寄せていただき

ありがとうございます^^

 

ご両親の仕事を手伝ってらっしゃるんですね。

 

お若いのに根本師匠のブログを読み込んで

ご自分と向き合われていること、

ただただ感心するばかりです。凄い!!

 

家の中にモラハラさんが居ると、

どうしても周りの人の自尊心が傷つき

やすくなりますし、

『私が悪いのかな?』と、感じやすく

なりやすいです。

そして、『怒ることは悪いこと』と

感じながら、自分自身の怒りを表現する

ことを抑えがちになります。

 

怖かったですよね。

心身がキューっと縮むような経験も

されてきたことと思います。

 

そんな中でも、ぴよぴよさんは

モラハラを受けているお母さんのために

気丈に振舞ながら、お母さんを守ろうと

されてきたんですね。

 

また、ご両親の不仲やお父さんの

モラハラを見ながらも、

ご両親の会社で一緒にお仕事をされて

いることからも、ぴよぴよさんが

ご両親思いということが伝わってきます。

 

お父さんに対する怒りや悲しみがあること

に気づきながらも、当時のお父さんの

おかれていた状況を理解しようとしている

ぴよぴよさん。

 

お父さんに

「あの時の俺はおかしかった」

と、言われたとき、ぴよぴよさんは

どんなことを感じましたか?

 

お父さんも反省しているし…

と、思われたかもしれません。

 

でもね、お父さんが反省しようと

お父さんに謝られようと、

ぴよぴよさんが当時感じていた

怒りや悲しみは消えませんよね?

むしろ、ぴよぴよさんの内側から

溢れ出てこようとしています。

 

意見を聞いてもらえなかった悲しみ、

言うことを聞かないと怒鳴られ、

否定された悔しさ・怒り・恐怖、

我慢して抑え込んできた涙。

 

誰にも助けを求めることが

できなかったですよね。

 

本当は助けてほしかったのに

我慢して耐えてこられたのでは

ないでしょうか。

 

ぴよぴよさんの感情のプールは

『怒り』と『悲しみ』で

溢れかけています。

ただ溢れさせるのではなく、

感じながら体から出してあげましょう。

 

お父さんにされて嫌だったこと、

言われて腹が立っていたこと。

 

思いつくかぎり書き殴ってみて下さい。

書くのが追い付かないくらい、

溢れてくるかもしれません。

書きながら泣くこともあるかも

しれませんが、それはぴよぴよさんの

感情に触れている証拠なので、

安心してくださいね^^

 

そして、文字として目にしながら

どれだけぴよぴよさんが我慢して

きたのかを、ぴよぴよさんが

受け止めてあげてください。

そして、

「怖かったよね」

「嫌だったよね」

「本当は言い返したかったよね」

「いっぱい我慢して苦しかったね」

と、ご自身に寄り添いながら

声掛けをしてあげてほしいと思います。

 

お父さんの言動がどれだけ悲しかった

のかも書いてみるのもいいと思います。

 

モラハラをしているお父さんを

見ながら、どんな気持ちになって

いましたか?

 

本当は、お父さんにどうしてほしかった

のでしょうか?

 

モラハラする人って、強そうに見せて

いるかもしれませんが、実はその

反対だったりします。

攻撃は最大の防御と言われているので、

他人を攻撃しながら自分を守ってる。

そして、自分を責めて傷つけながら

生きてる面もあります。

 

私の父親もそんなタイプだったので、

ぴよぴよさんが悲しいのが

分かるような気がします。

 

自分を傷つけながら生きてる人が

家族にいると、無意識に家族も

傷ついていくんですよね。

そして、悲しい。

 

 

ぴよぴよさん、

怒ってもいいし、腹が立ってもいいし

不機嫌になってもいいし、

許せないなら許せないでいいんですよ。

今の私はそうなんだなと受け止めて

あげてくださいね。

 

自分が自分の味方でいてあげられると

ぴよぴよさんの内側に安心感が育って

きますからね^^

 

そして、これからどうしたいのか

ご自身に聞いてみてあげてください。

 

ご両親の様子を見てきて、

お母さんを守ろうとしたり

ご両親と仕事を一緒にされたりと、

色んなことが重なっていて

ぴよぴよさんの意識がご両親に向き

すぎていると私は感じましたが、

ぴよぴよさんはどう思われますか?

(実は私も全く同じことをしてました)

 

お父さんは、お父さん。

お母さんは、お母さん。

私は、私。

 

家族ですが、それぞれ別々の人間であり

それぞれの人生があります。

助けてあげたい気持ちがぴよぴよさんに

あるのかもしれません。

 

 

残念ながら他人を変えることは出来ない

ので、自分から変わることの方が早いと

思いますし、我慢し続けることをして

いきたいと思いますか?

 

ぴよぴよさんは、どうしたい?

 

お父さんの課題はお父さんのもの。

お母さんの課題はお母さんのもの。

夫婦の課題はご両親のものです。

 

はよ気づけ~!両親どもよ~!と

思われるかもしれませんが、

先ずはぴよぴよさんからです^^

 

先ずは自分。

出来ることからやっていきましょう。

 

1人で難しいと感じられたら、

カウンセリングを利用されてみたら

いいなと思います。

 

 

ぴよぴよさんの幸せを願っています。