いつも誰かを優先してきたあなたが、自分のことを知り、自分らしく生きられるようサポートするカウンセラー春香のブログ

心理カウンセラー根本裕幸師匠お弟子講座三期・修了しました。

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。 

 

心理カウンセラー・作家でもある根本裕幸師匠による、

約半年間のお弟子講座が一区切り着きました。

(と言っても来月補講あり)

 

なんとも不思議な感覚です。

今年の1月か2月だったか...

師匠ブログでお弟子三期募集記事を見かけて、

このお弟子経験を自分にさせてあげたいと思い、

夫に報告したら「やってみたらいいやん!」と言ってくれて

ドキドキしながら申し込み、お弟子に選ばれ...

ドキドキしていたところにコロナ。

コロナにより、仕事も子供たちも

多大な影響を受けました。 

 

 

そして、コロナによりzoomでの受講を

選びましたが、正直、子供たちを言い訳に

使っていたような面もあります。

変化への恐れ、子供たちへの愛情過多かな⁉  

お弟子講座でお仲間たちと出会い、

知らなかったzoomや心理学の世界。

マーケティングブランディング

その他いろいろ。。。 

 

 

他人との捉え方の違いに悩んだり

比較と競争の罠にはまったり

甲状腺の一過性の病気になったり。

劣等感に罪悪感に自己否定に無価値観。

色んな感情を味わいながら、

えらい所に入ってしまったと

何度思ったか分かりません。

 

 

宿題も毎月あり、お仲間とのセッション練習や

提出課題にケーススタディ

分かったような分からないような

これでいいのかという、そんな感覚がずっとありました。

 

少しずつ少しずつ、

他人との比較と競争をしても立ち直るのが早くなり、

他人とは違う捉え方でも、

多角的な視点を与えているし与えて貰っていると

感じられるようになりました。

 

気がつけばマイペースで選ぶことも増え

講座を受けるたびに、

癒しや気づきが起こり、

周りの人の優しさを以前より受け取れるようになり、

お仲間たちが私の価値や魅力を見つけてくれて、

あれだけ無意識に許せなかった自分を

許せるようになりました。

そして、プロセスを信じることが増えました。 

 

 

ケーススタディの中のあの人、

お師匠・先輩のデモセッションに

勇気を出して挑戦した人たち。

セッション練習で関わってくれたお仲間。

そして、講座初日にくじ引きで決まった

私が所属するグループのお仲間。

お仲間たちが書いたブログ記事による気づきや感動。

先輩方の経験やアドバイス

 

 

沢山のものを見させてもらって

沢山の経験をさせてもらい、

沢山のものを与えてもらいました。

 

 

現地参加ではなく、zoom参加が多くても

受け取る量が半端なかったです。

受け取ったものを、家族や友達・知人、

ブログを読んでくださってるあなた、

これから私と関わる方たちやクライアント様に

還元・循環させていけたらいいなと思っています。

 

f:id:surrender33:20201026082729j:plain


 

 

お弟子さん募集記事を目にしたとき、

カウンセラーになりたいと言うより、

学びたい知りたいやってみたいという

気持ちが一番でした。

 

 

そして、お師匠のもとで学んでみたいと思ったんです。

お師匠の「愛の物語」という視点、

これは誰も悪者にしない愛の視点、

大きな大きな受容を地に足をつけて体感したい。

 

 

「そんな簡単なことじゃないし、やるならカウンセラーに

ならなきゃいけないんじゃないの⁉」

「お金どうするの⁉」

「自分にお金かけてる場合⁉子供三人居るのに⁉」
「自分だけ好きなことしていいの⁉」

 

すぐに思考が色々と大騒ぎでしたが...

 

 

自分の感覚を信じて、申し込んで良かったなと

思っています。

 

お師匠、先輩方、スタッフの皆様、

そしてお弟子三期のお仲間たち。

ありがとうございました♡

これからも、よろしくお願いします。 

 

 

夫婦関係も、横並びというか対等というか、

より助け合う関係になりました。

私がお弟子講座の修了式に出るため、

夫は出張先から一時帰宅してくれて、子供の部活送迎や

子供たちのご飯、私の送迎をしてくれました。

睡眠時間削ってまで、私のために動いてくれたんです。

愛させてあげる・役に立たせてあげるってやつですね。

 

 

子供たちとの関係は、相変わらず日替わりですが

子供たちが居ることによる大変さはあるけれど、

子供たちが居てくれたからこそ自分と向き合おうと思え、

そこからの流れでお弟子講座へと続いていて、

子供たちとの境界線も前より濃くなり、

 

「私は私、家族は家族。」以前よりそう思うようになり、

やりたいことやっていても、私はお母さんなんだなと感じたり、

自分で想像していた以上に、私は家族を大切に思ってることにも

気づきました。

 

 

約半年間、訳も分からずこけたり迷ったりしながら

走り続けてきた感じで、あっという間に修了式です。

とても濃く、よく泣いて、視野が広がり充実した半年でした。

 

 

ピンと来た方は、お弟子四期の募集が始まれば、ぜひどうぞ。

四国だから選ばれないかも...と

思ったりもしたけれど、

四国在住だからこそかもしれません。

四国のあなた、気になったら是非。←何の勧誘(笑)

 

 

読んでいただき、ありがとうございました(@^^)/~~~