いつも誰かを優先してきたあなたが、自分のことを知り、自分らしく生きられるようサポートするカウンセラー春香のブログ

【カウンセリングご感想㉖】~このままだと、病気になっちゃいますね(涙)~

◇【カウンセリングご感想㉖】◇

このままだと、病気になっちゃいますね(涙)

 

 

 

愛しい皆さま、こんにちは。

カウンセラー春香です。

 

私についてはこちらから  

*お問い合わせはこちらから 

 

 

今日は、リピーターさまからいただいカウンセリングの感想の紹介です。

 

春香さんから「無理」と口から自然に出るまでため込むのか、ため込んでからじゃないと「無理」と言えないのか、どちらでしょうかね?と質問されましたが、口から自然に出るまで(正しくは泣き叫ぶまで笑)ため込みます。

心はとっくに悲鳴をあげているけど、それは我慢して身体が悲鳴をあげる時に出てくる感じ。このままだと、病気になっちゃいますね。。。涙

怠け者と感じていた相手→母親
自分に閉じこもって拗ねて世界が悪いと嘆いていた。

やる気がないように見えた相手→母親
人生に対してやる気が感じられなかった。私にはそう見えた。

私が子供時代には、『こんな大人にはなりたくない』という人しかいなかった。
『素敵な大人』が居ませんでした。みんな幸せそうじゃないなと思って見ていたし、決まりきったパターンの中で窮屈そうで、だから私は大人になりたくないと思っていました。あの時見ていた大人の世界より私は幸せに生きているような気がします。

春香さんと『境界線』のお話をしてから、『境界線』というワードがあちこちから集まってきます。自分をプロテクトするという発想が無かったので、習慣化するのはいいなと思いました。

いつものことですが、春香さんの眼差しに安心感を覚えました。私自身、日常会話だと間髪入れずにぱっぱとやり取りをしてしまうのですが、一度自分の中に入れてから答えてもらうと、言葉の重みも出るし、真剣に向き合ってもらってると感じます。

時間がオーバーしてしまい、すみませんでした。
時間が気になってしまうので、キッチンタイマーを使用されてみてはどうでしょうか?

旦那さんから仕事の相談が多いのですが、春香さんのように受け答えをしてみたら、同じ内容を言っても安心感を与えられるかもと思いました。難しいかもですが、春香さんを思い出してチャレンジしてみます!

 

Yさん、Yさんらしさが溢れる感想をいただき、ありがとうございます^^

 

カウンセリングを受けていただいたときのYさんは、1年の中で1番の繁忙期の中、初めての試みにチャレンジされ、頭の中の鬼軍曹が大活躍し、体調を崩された直後でした。

 

「今!今こそカウンセリングを受けたい!なぜ今日じゃないの~!」と、体調を崩しながらも心で叫ばれていたYさん。そんな時は遠慮せず連絡くださいね。可能な限り対応させていただきますので^^

 

Yさんが頑張れる理由は『自分のため』『家族のため』だと私は感じています。ご主人の応援・協力をしたい、ご主人にいい仕事をしてほしい、ご主人が苦手な分野は自分が出来る分野だからカバーしたい、そんな思いをYさんがお持ちだから。

 

愛があるから頑張れるんだと思うんです^^

 

でも、感情が爆発したり、周りからの評価を得られても不足感を感じたり、体調を崩すパターンが定着しているのは、頑張り方を見直す時なのかもしれません。

 

怠け者でやる気がないように見えたお母さん。子供時代に素敵に見える大人が居なかったこと。

 

そんな大人たちを見て『大人になりたくない』と思ったYさんは、『あの人たちのようにはなりたくない』とも思われたのではないでしょうか?

 

あの人たちのようにならないように頑張ってこられた部分、あの人たちと同じ部分がある自分を否定しながら目を反らしたりムチ打ってきた部分はないでしょうか?

 

いつしか、ああなってはいけない、ああならないようにと自分を見張り、自分を閉じ込める檻を作ってきたとしたら、Yさんは何を感じますか?

 

窮屈そうに見えた大人たちも、自分自身で自分を縛り閉じ込めていたのかもしれません。Yさんから見る素敵な大人って、自由を感じさせる人ではないでしょうか?

 

私は母に対して『親なんだから~』『親だったら~』というジャッジをしたり否定していた分、『あんな親にはなりたくない』と思っていました。

 

自分が母親になってから、そうならないように自分を見張り、縛り、『親なのに』出来ない自分を否定したり責めたり、バレないように閉じ込めていて息苦しさを感じていましたし、感情的になることも多かったです。

 

その頃の私は、余裕がないのにそれにも気づけず、頑張っても評価されても報われない感じがしていましたし、休むことが大の苦手で、休む許可を自分に与えていませんでした。

 

頑張らないと愛されない。頑張らないと認めてもらえない。できない私には価値がない。

私は、そんな思い込みを握りしめていました。

 

誰かにしてほしいことを、自分が自分にしてあげるということを意識してみてください。誰かに言ってほしい言葉を、自分が自分にかけてあげてくださいね。

 

視点を変えると、怠けてるよう・やる気のないように見えたお母さんに、元気になってほしくて、楽しそうにしてほしくて、Yさんがお母さんの代わりに『やる気』スイッチを搭載したのかもしれませんね^^

 

Yさんは、それぐらいパワフルなエネルギーの持ち主であると思います。

 

私から感じた安心感をご主人にも与えたいというチャレンジ精神のあるYさん。もう既にYさんはご主人に沢山のものを与えていると思いますよ^^

 

理解があり話し合いも出来るご主人。誰よりもYさんの魅力を知っている方であり、そのままのYさんを受け入れてくれている方だと私は思っています。

 

Yさん、病気にならない為にも、もっともっとご自分の魅力を受け取って、ご自分でも認めてあげてくださいね^^そして、自分が自分の味方になってあげて、休む時には「休む!」と決めてOFFを楽しんだりのんびりしてください。

 

キッチンタイマーのアドバイスありがとうございました。参考にさせていただきますね^^

 

応援しています!

 

surrender33.hatenadiary.com